最新情報&お知らせ

10月14日、袖ヶ浦市にて千葉日野自動車㈱お客様感謝の集いを開催いたしました。
新型プロフィアや新型レンジャーの展示を始め、試乗会、PCSの乗車体験、中古車即売会など盛大にとり行われました。
当日は天候が悪い中、多くのお客様にご来場いただいたことに感謝申し上げます。

   

9月30日~10月1日、ナゴヤドームにて日野全国販売会社野球大会が開催されました。
今年で4回目の全国大会出場となった千葉日野ですが、次々と優勝候補と対戦する厳しいブロックに入り、今年は苦戦が予想されていました。

一回戦は徳島日野と対戦。打線の違いを見せつけ圧倒、加瀬投手、山崎投手の完封リレーで9対0で勝利しました。
二回戦は優勝1回、準優勝3回の強豪・九州日野と対戦。有田選手のタイムリーヒット、藤崎選手のタイムリー2ベースヒットで2点を上げ、補強選手の東京日野・土屋投手の好投で逃げ切り、2対0で完封勝利しました。
二日目、準決勝は優勝4回を誇る優勝候補の一角・広島日野と対戦。3年前は完敗した相手でもあり、今年も予想通りの接戦となりました。しかし藤崎選手の2点タイムリー2ベースで先制、投げては二試合連続の先発・土屋投手がまたしても無失点で完封。2対0で勝利しました。
そして運命の決勝戦の相手は、3連覇を狙う富山日野が順当に駒を進めてきました。昨年、一昨年と千葉日野が涙をのんだ相手でもあり、リベンジと初優勝をかけた戦いとなりました。まず口火を切ったのは藤崎選手のタイムリーヒットで先制。4回には東京日野・荒木選手が満塁から走者一掃のタイムリー3ベースヒットなどで一挙5点を追加。8回表に1点を取られるも、その裏に相手のエラーで2点を追加。投げては先発の佐藤投手と二番手の石丸投手が8回まで好投、最後は外子浦投手が締めて8対1で勝利。見事、悲願の初優勝を飾りました。南関東代表としても初優勝となります。

応援くださいました皆様に御礼申し上げます。

(一回戦) 千葉日野 9対0 徳島日野
(二回戦) 千葉日野 2対0 九州日野
(準決勝) 千葉日野 2対0 広島日野
(決 勝) 千葉日野 8対1 富山日野
※これにより来年の全国大会出場が決定しました。